2007/06/27(水)リフレクション

リフレクションを利用したオブジェクトの複製の例.
実行時にオブジェクトのメタデータからコンストラクタを取得しています.

using namespace System;

class hoge;
class huga: public hoge;
class piyo: public hoge;

int main()
{
  hoge ^obj;
  hoge ^obj2;

  Type ^type;
  ConstructorInfo^ constructorInfoObj;

  obj = gcnew huga();
  type = obj->GetType(); // 型情報(メタデータ)の取得
  constructorInfoObj = type->GetConstructor(System::Type::EmptyTypes); // 引数無しのコンストラクタの取得
  obj = (hoge^)constructorInfoObj->Invoke(nullptr); // 引数無しでコンストラクタを呼び出す

  // ここで obj は huga のオブジェクトになってる

  obj = gcnew piyo();
  type = obj->GetType(); // 型情報(メタデータ)の取得
  constructorInfoObj = type->GetConstructor(System::Type::EmptyTypes); // 引数無しのコンストラクタの取得
  obj = (hoge^)constructorInfoObj->Invoke(nullptr); // 引数無しでコンストラクタを呼び出す

  // ここで obj は piyo のオブジェクトになってる

  return 0;
}
OK キャンセル 確認 その他